DIYのために素人が材木店から木材を買う話

DIY(Do it yourself)
どうして “myself” では無く “yourself”なのかは気になるところだが、 まぁ良いだろう。

 

DIY(Do it yourself) → てめぇでやりな!
では無く、「自分でできることは、自分でやる。」という意味らしい。

 

さて、DIYする理由は人によって様々だと思うが、主に欲しい物が

  • 市販品だと高額なので、作ってみようかと考える
  • 市販品だとサイズが微妙にあわないので、作ってみようかと考える
  • そもそも市販されていないので、作ってみようかと考える

のどれかではないだろうか。

 

実際、市販品の収納棚・収納ボックスだと微妙にスペースに合わないということは少なくない。そこで「じゃあ、作ってみよう!」と思ってホームセンターに行ってみたものの、欲しいサイズの木材が在庫切れだったり、在庫があっても質がイマイチだったり・・・。

また、DIYというとSPFの2×4材が主流だが、それ以外の樹種を使いたいと思っても在庫が無かったり・・・。

 

そのような時に、材木店に問合せすると、解決してもらえることが多い。
「個人が材木店から買うことができるの・・・?たくさん買わないといけないのでは・・・?」と思うかもしれないが、心配していても仕方がない。

 

まずは問合せをしてみよう。問合せのポイントは以下だ。

  • 個人向けにも木材を販売しているか?
  • どのような物を作ろうと思っているか?
  • 自分が欲しい樹種・サイズの取り扱いがあるか?
  • 木材の仕上がりに希望はあるか?(カットを希望するか?プレーナー加工、面取りは?)
  • 金額はどれくらいか?
  • (近所では無く、取りに行けない場合は)送料の目安はどれくらいか?

 

全てを即答してもらうのは難しいだろうから、先方の都合を考慮し、メールで問合せするのが良いだろう。送料を確認する場合は、対象物の(おおよその)大きさや数量、送付先住所を忘れないように。

 

また重要なポイントとして、材木を送るには結構な送料がかかることから、商品のピックアップが可能な近所の材木店さんである事が望ましい。

 

ホームページを持っている材木店であれば、個人向けにも販売してくれるところが多いようだ。但し、お店によって得意分野が違い、価格にも結構な幅がある。ちゃんと受け答えをしてくれて、お互いに納得がいくお店を探そう。

 

一例として、私がお世話になっているお店は以下のような感じだ。

  • ヒノキの 2×4 材 :2,000円弱(長さ4m)、カット代別

→ホームセンターA、B、Cでは取扱い無し、ホームセンターDでは長さ90cmのみの取扱い

  • ウエスタンレッドシダーの 2×2材 :3,000円(長さ3m:他長さ有り)、カット代別

※6feet(180cm)が1,000円弱で安く用途に見合うため、今回は6feetを複数本購入することに。

→近所のホームセンターで取扱い無し
 ネット販売A店:2,000円(長さ3m:他長さ有り)、送料:3,000円弱~、カット無料
 ネット販売B店:1,700円(長さ3m:他長さ有り)、送料:見積
 ネット販売C店:2,200円(長さ3m:他長さ有り)、送料:2,000円~、カット無料

ウエスタンレッドシダーはウッドデッキの材料として使用されることも多いため、ネット販売をおこなっている専門店が強いようだ。大量に購入するのであれば、送料を含めても安いかもしれない。検討の余地ありだ。

 

と、先日注文していたウエスタンレッドシダーの2×2材の準備が整ったようだ。今から受取りが楽しみだ。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ 

 

 

日々の生活
このブログをフォローする
人間万事塞翁が馬

コメント