子供との2人旅の話(2019年3月:茨城編:1日目後半)

1日目のルート(後半)

 

1日目前半の話はこちら

 

子供との2人旅の話(2019年3月:茨城編:1日目前半)
毎年、「観光で行きたい都道府県&市区町村ランキング」で、安定の最下位を誇っている茨城県。本当に、そんなに魅力・見どころが無い県なのか?子供から「茨城県に行きたい。」という要望が出たため、これ幸いと行ってみることに・・・。

 

浦里酒造店

引き続き、浦里酒造店へ。こちらは、イオンつくば店で出会った「霧筑波」をつくっている酒造所だ。当初、こちらの酒造店でもお酒を買うつもりだったのだが、店員さんに聞いてみると「うーん。うちはそもそも県外であまり販売していないんだけど、ここ(蔵元)でしか買えない商品というのは無いですかね。限定というと、今はイオンで売っている限定商品になりますかね~。」との事であった。なにしろイオン限定品のため「蔵元でも買えない」とのことであったため、販売店舗について教えてもらい、今回はそちらで購入することにした。

浦里酒造店

 

今回の旅で訪問した蔵元さんに「蔵元でしか買えないお酒ってあります?」と伺うと、総じて「うーん。ボソボソ・・・・。」となってしまう事が多かった気がする。あまりに商売っ気たっぷりでギラギラしているのも嫌だが、「蔵元でしか買えない商品」があったりすると、訪問客・観光客も増えたりするのでは・・・?などと勝手に思った次第だ。そして、自分の代わりとなる運転者がいない今回のような旅では、試飲してからお酒を選ぶことができないのがデメリットの1つだと感じた。

 

結城酒造

続いて、結城酒造へ。この頃になると、子供は「お父さん、一人で買ってきていいよ。車の中で待ってるから。」状態になりつつあるため、急いで向かう。

 

結城酒造

 

こちらでは「結」を買おうと決めていた。ちょうど限定の純米吟醸があるとのこと。何か所か宿を変える旅行の場合、火入れしていないお酒を買うのは少し躊躇してしまうが、宿に帰ったら飲むことにし、ここはためらわず購入した。

結城酒造 結

 

イオン下妻店

霧筑波、2本目を購入。急いでいたため、写真は撮り忘れ。近々、「呑んだ日本酒」に3本並べて載せる予定。

 

チサンイン土浦阿見

本日の宿泊は、チサンイン土浦阿見に。

 

実は、このホテルを選んだのには理由がある。チサンインは「家族利用で、大人と同室の小学生以下の子供は宿泊無料」なのだ。さらに、朝食付き宿泊プランを選んだ場合「小学生未満の子供の朝食代は無料、小学生の子供の朝食代は別途500円」で子供も充実した朝食を食べることができる。今回の旅行の場合、親子そろって朝から晩まで遊び倒し、ホテルは「体力を回復させるためだけの場所」である。チサンインは、このような旅行の場合に最適なホテルのうちの1つだ。

 

1日目の移動ルート

 

 

 

 

 

2日目につづく

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ 

 

 

旅行
シェアする
このブログをフォローする
人間万事塞翁が馬

コメント