東京2020オリンピックのチケット入手について、あらためて考える話

先日6月20日に、東京2020(オリンピック)のチケット第1次販売の抽選結果が発表された。

あちこちでニュースになったように、落選してしまった人が非常に多かったようだ。私の周りでも、妻・両親・同僚など、複数のチケットを申し込んだにも関わらず、全て落選となってしまった人ばかりだった。私はと言えば・・・

 


 

 

運が良いことに1セッションだけ当選したのだが、9セッションを申し込んだうちの1つなので、当選確率11%だ。これだけ当選者が少ないと、さぞかし倍率が高かったのだろうと思ってしまうが、6/21の新聞記事によると、販売状況が芳しくなく、売れ残りを危惧している競技もあるらしい。

 

 

五輪チケット、明暗 抽選発表:朝日新聞デジタル
 2020年東京五輪の観戦チケットの購入希望者に対し、大会組織委員会は20日、公式サイトで抽選結果を発表した。組織委は詐欺被害に遭わないよう呼びかけている。 「どうだった?」「まだわからない」。柔道や…

 

 

過去にテレビ等でオリンピックやワールドカップを観たことがあれば気付いた筈だが、競技の中には空席が目立つ試合が少なからず存在する。これは、あらかじめ空席が予想された競技・試合に留まらず、人気でチケットが取り辛いとされた一部の試合も含まれているのが実情だ。

 

 

そもそも、1次販売、2次販売、3次販売で、どれだけの割合のチケットが販売される予定だったのかは公表されていないため推測になってしまう部分もあるが、ひょっとすると、未だに結構な枚数のチケットが残っており、今後の販売にも流れてくるのではないだろうか。今回のチケット販売では「当選した全てのチケットを購入するか・しないか」の2択しか無かった。当選したチケットから、スケジュール等を考慮し、一部の試合だけ購入するという選択肢は存在しなかった訳だし。

 

数日前に、2次販売が当初発表していた先着順では無く、1次販売と同様の抽選販売になることが発表された。

 

 

五輪チケット、追加で抽選販売へ 落選者「復活戦」
2020年東京五輪の観戦チケット販売で、大会組織委員会が8月にも、「敗者復活」となる追加の抽選販売をする検討をしていることが4日、分かった。初回の抽選に申し込んだものの1枚も当たらなかった人に配慮し

 

 

表向きは1次販売落選者への配慮ということだが、今さら販売サイトを増強することも無いだろうから、本音としては、1次販売の時のようなアクセス集中により「つながらない、どうなっているんだ」という苦情を防ぎたいという理由が大きいのではないだろうか。

 

と思ってチラチラ見ていると、このような記事が。

 

 

五輪チケット、当たった人の9割購入 再抽選は数十万枚:朝日新聞デジタル
 2020年東京五輪の観戦チケットについて、大会組織委員会は5日、約322万枚の販売手続きが完了したと発表した。先月の1次抽選で当選した人のうち、約9割が4日深夜の購入手続き期限までに支払いを済ませた…

 

 

この記事によると、未だに数十万枚のチケットが残っている模様。そこには開会式、閉会式、決勝など、全ての競技が含まれているとのこと。

 

 

東京五輪チケット「セカンドチャンス」数十万枚販売 - 五輪・一般ニュース : 日刊スポーツ
2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会は5日、五輪チケット販売の1次抽選で1枚も当選しなかった落選者の救済策として「セカンドチャンス… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

 

 

こちらでは、

セカンドチャンス 参加できるのは1次抽選で申し込み、落選した人に限る。1次で当選しながらも購入を見送った人は参加できない。申し込めるのは1競技の1枠のみ。売り出されるチケットは1次で売れ残ったもので、倍率が1倍に満たなかった試合。例えば座席が数万席単位というサッカーなどの球技の予選や予選ラウンドが多い陸上などが見込まれている。人気があった開閉会式やメダル決定戦は販売しない見込み。

 

と書かれているが、決定事項では無いため、実際の販売時には条件が変わっている可能性もある。これはもう、あらためて行きたい競技を考えて、状況次第では家族総出で8月の「セカンドチャンス」時に備えるしか無いですな。

 

 

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ 

 

 

日々の生活
シェアする
このブログをフォローする
人間万事塞翁が馬

コメント